パパ募集

「早く会いたいよ。パパ。じゃないと、パパ募集して他のパパ作っちゃうよ。」私はパパにメールを送りました。すると、すぐにパパから返信がきました。「パパ募集なんてしないで、もうすぐで出張終わるからそしたら沢山好きなものを買ってあげるから。」「約束だよ。」私はキャバクラで働いた時に出会ったお客さんとパパの契約を結びました。それからすぐにキャバクラを辞めてパパが買ってくれたマンションに引っ越しました。

パパは綺麗な女の人が大好き。だから、パパに会えなかった1ヶ月間もエステに行ったり美容院に行ったりパパに嫌われないように過ごしていました。そして、1ヶ月ぶりにパパがマンションに顔出しに来てくれました。「会いたかったよ由梨。」「私もだよ。1ヶ月なんて長すぎだよ。本当にパパと縁を切ってパパ募集しようかと考えたよ。
パパ活
でも、パパ以上に好きになる人なんていないなと思ったら作れなかったよ。」「嬉しいことを言ってくれるね。」パパは私にキスをしました。私もそのキスに反応しそのままベットへ行きました。

出張先から急いで駆けつけてくれたのか、隣でぐっすり眠るパパ。私はそんなパパに嬉しく感じて寝顔にキスをしました。キャバクラの時から、私はパパに初めて会ってすぐに一目惚れしてしまいました。その事を伝えるとパパも同じ気持ちと言われてすごく嬉しかった。出来ればずっとパパと一緒にいたい。奥さんのところに行って欲しくない。パパが起きたら家に帰ってしまう。寂しいと感じてしまう私はパパの腕の中で再び眠りにつきました。
愛人募集
婚活サイト